太田建築工房

メニューを開く

お問合せ資料請求

  1. トップページ
  2.  > 定期借地について

定期借地について

-

土地を「借り」、コストをかけずに
豊かな住空間を手に入れる"定借"という選択

土地を「所有」することから「使用」することによって新たな価値観が生まれます。
そして、その土地で「成長」することが真の喜びではないでしょうか。
「高い土地を買わなければ家を建てることができない」
「家を建てるには予算の半分もお金をかけて土地を買わざるを得ない」
そうお考えのお客様へ。ここに50年という時間を買い、豊かな住空間を手に入れる"定借"という新たな選択があります。

価値があるのは「土地」ではなく、「豊かな暮らし」です

土地を持つことで豊かさを感じる幻想が終焉を迎え、本当に豊かな住まいを持つことで幸せを手に入れる時代がやって来ました。これから益々土地の供給が増えていきます。「少子化」「市街地の農地の宅地化」「工場の消滅」 それに比べて需要はどうでしょうか。議論するまでも無く、供給過多です。土地の値上がりはあり得ません。
土地を持つことの満足感を得たいがために、その余剰金で薄っぺらな住宅を買うことになるのであれば、 自分と自分の家族のために本当の幸せを得る手段として「定期借地権」というもう一つの選択をお薦めします。

定期借地権ってなに?

「定期借地権」は平成4年8月に施行された「借地借家法」により誕生しました。
50年間土地をオーナーから借りていただき、建物は購入していただく制度です。土地を買わずに借りる、ただ、それだけのことで豊かな住まいに資金をかける余裕が生まれます。
50年という時間を買う、そのことで真に豊かな住空間を手に入れることができるのです。

定期借地権が生まれたワケ

衣食において世界でも類を見ないほどの豊かさを享受している私たちの国、日本。
しかし、住においてはどうでしょうか。残念なことに先進諸国に比べてあきらかに劣っていると言わざるを得ません。住空間に関しては三等国なのです。なぜか…それは「土地が高いから」です。
では、どうして高いのでしょうか?それは「土地と建物が別個の資産」と考えられているからなのです。
そのような考え方は先進国の中では日本だけです。
お金を産まない住宅地、その土地の値段が土地単体で上がる不自然さを不自然と思わず進んできたことが、ようやく理解されてきたのです。

所有から使用へ・国内編

「高い土地を買わなければ家を建てることができない」「家を建てるには予算の半分もお金をかけて土地を買わざるを得ない」
これでは世界標準の住空間の実現など叶うはずがありません。
そこで、平成4年8月1日から施行されたのが、新しく土地を借りる方法「定期借地権」なのです。

「契約の更新をしない」「借地期間の延長はない」「建物の買い取り請求をしない」この三つの約束により契約期間が満了すれば更地で地主に返還されることになります。
これで土地を買うことに比べなんと80%以上のディスカウントが可能となったのです。
不動産は「使用」するために買ったり、借りたりするのだから、その「利用価値」にお金を払っていると言っていいかもしれません。
所有権を手に入れるために土地を買うのも、借地権で借りるのも目的は同じはずです。

土地を財産と考える人は、買って金利や税金を払い続けることになります。
しかし、もはやこれからの時代、黙っていても土地が値上がりすることなどあり得ないと思います。
それなら、「土地は所有するものではなく使用するものであり、その利用期間に応じた価値を売買する」と考えるのは健全なことではないでしょうか。

「時間的所有権」と言ってもいいかもしれません。土地を「所有」することから「使用」することによって新たな価値観が創造されることになりました。そして、その土地で「成長」することが真の喜びと思います。

所有から使用へ・海外編

米国では日本で戸建住宅を購入する価格で豪邸が手に入ります。圧倒的な国土の広さを誇る米国では土地の安さがそれを可能にしています。
では、日本と同じ島国、イギリスではどうでしょうか。
私たちの国、日本の場合、不動産の所有権は「半永久的な所有」を意味します。先祖代々、子々孫々権利は引き継がれてゆくのです。
しかし、イギリスには日本のような「半永久的な所有権」という概念はありません。あくまで期間を区切った「時間的所有権」を手に入れ土地を利用するのです。これを「リースホールド」と言います。
女王陛下の持ち物である土地を九九九年契約で大貴族が借り、それを切り売り(転貸)して二五〇年契約で大企業や貴族に貸す。企業や個人はそれを切ってもらい九九年契約で借りる。
これが一般的なイギリスの時間的所有権のシステムなのです。ここでは土地は「所有するものではなく使用するものであり、その使用期間に応じた価値を売買する」ものと考えられていると言っていいでしょう。
売買であるため、その「時間的所有権」に対して代金を支払い、使用期間中は利用者が固定資産税等の支払い義務を負うことになります。
かつて中国から九九年間の時間的所有権を取得し、期間満了により返還された香港もこの手法によるものです。
また、ハワイもイギリスと同じような土地の利用権方式になっています。
ただし、ハワイは「時間的所有権の分割払い(地代に相当)」を認めており、日本の定期借地権はハワイの例を参考にしているようです。

活用もいいけど不安・不満 避けたいですね!

儲かる、値上がるなどの土地神話は、今や崩壊状態。土地所有についての悩みは、やはり税金・管理費などが一番に上げられます。その一方、土地をお持ちでなくお困りの方も…。 そこで土地活用の方法は様々ですが、土地所有者に負担が少なく、有益な【土地借地権】を利用する安心活用をおすすめしています。

地主さんと定借・その1

土地を持っているということが、財産として価値を持ち人生の安心を得られると信じる人は多いです。
あえてそれに異議を申し立てるつもりはありませんが、ただ持ってさえいれば値上がりし売ってお金に換えられる時代ではないことは誰の目にも明らかでしょう。
それどころか、保有して活用しない土地は大変な金食い虫なのです。
固定資産税は平成六年の評価替えにおいて、それまで公示価格の三〇%を評価としていたものを何と七〇%にまで引上げられました。よく暴動がおきなかったものです。
それもそのはず、負担調整率のからくりで徐々に十数年かけて増税する仕組みになっているからなのです。
熱湯にカエルを入れれば、驚いて飛び出しますが、水からゆっくり熱を加えていけば気付いたときにはカエルは湯だってしまっています。
まさに遊休地を持っている地主様は、そんなカエル状態と言っていいでしょう。
そして相続税。我が国の税制では三代相続が発生すれば土地はすっかりお上に取り上げられてしまいます。まるで社会主義国家のようです。
それだけではありません。草刈も地主様にとって大変なプレッシャーとなっています。
ある地主様は草刈の手間から解放されたいという理由だけで定借事業に取組まれました。
このように「何もしない」というのは実は最大のリスクを負っていることを知らなければなりません。そのことをまず地主様にしっかり理解していただく必要があります。
金食い虫の遊休地を働き者の孝行息子に変身させること。地主様に真の安心をお届けするのがテイシャクの意義なのです。

土地は必ず返還されます

定期借地権での貸地なら、大切な土地を売らず、借金や経営のリスクもなく、しっかり活かせます。

【定期借地権】
平成4年8月より、創設、施行された「新借地借家法」の中の土地所有者のための制度です。

・借地契約の更新性がありません。
・土地所有者に建物を買取る義務はありません。
・建物再建築の際にも期限延長はありません。
・借地返還の際、立退料は一切不要です。

地主様のメリット

土地は手放したくない、さりとて借金してアパート経営のリスクを負うのも御免こうむりたい。そう考える地主様はとても多いです。だからこそ、こんな時代になっても土地を遊ばせ、保有コストを負担し続けているのでしょう。確かに昭和十六年の借地借家法の改正から平成4年、定期借地権が創設されるまでの間はそうでした。
しかし、定借がこの世に生み出されてから価値観が根底から覆されたのです。
定借のメリットは以下の6つになります。

1.借金をしなくて済む 建物を働かせるアパート経営と違って、土地だけが生み出す真の安定経営です

2.一時金をもらって始められる 保証金は預かり金ですから、基本的に課税されません

3.毎月地代が入る 金食い虫が孝行息子に変身するのです

4.税金が安くなる 固定資産税評価が約六分の一、相続税評価約四〇%減になります

5.草刈などのメンテナンスからの開放 期間が満了すれば必ず返ってきます

6.社会的な貢献 美しいコミュニティを生み出すことによって地域社会に貢献するとともに、住まう人たちに豊かさが提供できます

これまで土地活用に躊躇されていた地主さんにとっては、まさに吉報と言えます。
所有」から「使用」へ、これからの時代、地主さんにとっても大きなテーマであると思えます。
しかも「安全第一」。これこそが定借が、地主さんに与える安心ではないでしょうか。

Pick up

お問合せはこちら

0186-42-3473

アフターサービス相談室

0120-48-3473

お問合せ資料請求

  • [営業時間] 9:00〜18:00
  • [定休日] 水曜日