太田建築工房

メニューを開く

〒017-0874 秋田県大館市美園町4番18号
TEL.0186-42-3473 / FAX.0186-42-3706

お問合せ・資料請求

【お問合せ】

0186-42-3473

【アフターサービス相談室】

0120-48-3473

  • [営業時間] 9:00〜18:00
  • [定休日] 水曜日

お問合せ資料請求

  1. トップページ
  2.  > スタッフブログ
  3.  > 断捨離技術☆

スタッフブログ

2018/01/29

断捨離技術☆

こんにちは。盛岡支店の虻川です。

雪国の一日は除雪からはじまります

運動不足にはちょうど良いのかもしれません^^;

 

マイホーム計画で重要な「収納スペース」

収納するために作るわけですが、スペースがある事により逆に物が増えるという事もあります。

 

昨日のBS番組、「やましたひでこ’S 断捨離技術、ウチ断捨離しました」

見た方もいらっしゃると思います。

所違う三家族が、「断捨離」の提唱者やましたひでこさん指導のもと

断捨離をするという内容です。

もちろん、家の中は物があふれている三家族・・・

凄かったです(笑)・・・が、これが現実なのかもしれません。

しかし、断捨離をしていくうちに家族には変化があり・・・感動の場面もありました。

 

~断捨離~

①まず、ありふれているものを平面に広げ、どれだけあるか確認をする

想像以上に多いです(・・;)

②キッチン・・・鍋、キッチン用品は「一器多様」一つの器で複数の用途に対応できるかを考え分別します。

食器棚は、7割くらいの収納と決めることにより、すっきり&取りやすくなります。理想ですね

③衣類は、自分が着たいと思うか思わないかで判断します。

いつか着るとか、もったいない・・・の判断はなしです。

④子供たちのおもちゃは、スペースをつくり、そこに収まるものだけ。

子供たちが必要なものだけを選ぶ考え方になったり、親の片付ける姿をみて片付けるようになったり。

変化が見えました~

 

断捨離の目的は?一人の奥様が答えました。

「くつろげる空間をつくることです」

はい言葉通り、断捨離をしたご家族皆さん、すっきりした空間でくつろぎ、笑顔でした(*^^*)

やましたひでこさんいわく、

「物がありふれていることで毎日の生活をわずらわしくしているのです」

なるほどですね☆

 

先日、弊社健康住宅のお施主様でもある小野寺監督の自宅にて

お客様と着工前打合せを行いました。

断捨離いらずなお宅でした☆すばらしい☆☆☆

Prev
比内とりの市

Next
電磁波対策

一覧に戻る

お問合せはこちら

0186-42-3473

アフターサービス相談室

0120-48-3473

お問合せ資料請求

  • [営業時間] 9:00〜18:00
  • [定休日] 水曜日