太田建築工房

メニューを開く

お問合せ資料請求

  1. トップページ
  2.  > 太田建築工房の想い

太田建築工房の想い

なぜ本当に長持ちする材料を使い、
健康に害を及ぼす恐れのある材料を極力使わず、
見えなくなってしまう所までこだわった
家づくりをするのか?
それは知ってしまったから…。

家づくりをもう一度「文化」へ

日本の住宅の寿命をご存知でしょうか?
平均して27年です。35年もの長きにわたる住宅ローンを払い終わるより先に、住宅の寿命が尽きるというのが現状です。
それはなぜか?住宅が「文化」ではなく「産業」になっているからです。ヨーロッパでは住宅が140年も持ち、古くなればなるほどアンティークとして価値が上がります。
日本にも「文化」としての建物があります。それは神社や仏閣です。補修は必要ですが100年単位でもち今でも健在です。
ではなぜ住宅だけ短命になってしまったのか?それを知って頂く為には日本の住宅の歴史を少し知って頂く必要があります。

戦後の日本は空襲で家が焼失し圧倒的に住宅の数が足りませんでした。住宅を建てようにも材料も無ければ、建てられる技術を持つ職人さんもいない。
そこで考え出されたのがプレハブ住宅です。化学物質の力を借り工場で大量生産された新しい材料を使い、だれでも簡単に早く安く住宅が建てられるようにし戦後の住宅不足を解消しました。これが「産業」への始まりです。それがいまだに続いています。
ただ、新しい材料は昔のように自然の材料を使った物に比べて長持ちはしませんでした。

私達は家づくりをもう一度「文化」へ戻したい。家が一世代で寿命を迎えるのではなく、末永く孫の代まで残せる家づくりをご提案させて頂きます。

住まい手を守る

化学物質に頼った材料を使い、産業となった家づくり。ただ、そこに住まう人々の健康までは考えられていませんでした。

1990年代中頃から次第に「シックハウス」という言葉が使われるようになってきます。家族を守る為の家が次第に健康に害を及ぼし始めたのです。
そこで国は2003年「シックハウス対策法」をつくります。この法律で体に害のある化学物質が何種類規制されたと思いますか?ドイツでは50種類、アメリカでは40種類規制されていますが、日本では「ホルムアルデヒド」「クロルピリホス」の2種類のみです。しかもホルムアルデヒドは発ガン性物質にもかかわらず「禁止」ではなく「規制」にとどまっている為、少量であれば使ってもかまいません。
それと同時に「24時間換気の義務化」も行われています。建築に使う材料から化学物質が出るのはしかたがない事だから良く換気をして新鮮な空気と入れ替えましょうという事です。
はたしてこの対策が最良の方法でしょうか?最良の方法はそもそも化学物質が出ない材料を使う事ではないでしょうか?

必ず全員がシックハウスになるという事はありません。個々人によって化学物質に対する許容量が違う為です。それでも、私達の建てた家でシックハウスという悲しいに結末に私たちは絶対にしたくありません。家づくりとは楽しいものであるべきだから。だからこそ健康に害を及ぼす恐れのある材料を極力使わない家づくりをご提案しています。

末永く愛される家

末永く愛される家にするには、本当に長持ちする材料を使い、健康に害を及ぼす恐れのある材料を極力使わず、見えないところまでこだわるだけでは足りないと私たちは考えています。
例えばパソコンですが何百GBという非常に高い性能を誇っていても、使うソフトが非常に使い難かったとしたら、それは良いパソコンといえるでしょうか?

家も同じだと私たちは考えています。パソコンでいう「ソフト」が家だと「間取り」です。この間取りひとつで住まわれるご家族にとって住み心地がずいぶんと変わってきます。
もし毎日の家事がスムーズに行えるような間取りなら?空いた時間でご家族とお話ししたり、ご自分の趣味の時間に充てたり出来ます。
もし自然とコミュニケーションが取り易い仕掛けをした間取りなら?家にいる時間が充実します。

お客様によってご要望はそれぞれですが、それをふまえて末永く愛される家にするにはどんな間取りが良いのかをご提案させて頂きます。

「知りながら害をなすな」

私達は家づくりのプロです。この事実を知っていて最良の方法も知っているのにもかかわらず、それをしない事はプロとしてありえません。だからこそ本当に長持ちする材料を使い、健康に害を及ぼす恐れのある材料を極力使わず、見えなくなってしまう所までこだわった家づくりをしています。

お客様の色。私達の色。職人さん達の色。これらの色が混じり合って一つとして同じ家はありません。本当に長持ちし、健康で、そこに住まわれるご家族にとって優しい家をプロとしての誇りをもってつくらせて頂きます。

お問合せはこちら

0186-42-3473

アフターサービス相談室

0120-48-3473

お問合せ資料請求

  • [営業時間] 9:00〜18:00
  • [定休日] 水曜日