無駄を無くすことで得た、新しい価値。
Less is more.
「より少ないことはより豊かである」
 
この言葉は世界三大建築家の一人である
ミース・ファンデル・ローエが残した言葉
 
住宅だってきっとそう。
“付け足す”ではなく”無くす”ことでしか 得れないものだってある。
 
だから私たちは無駄な建築コストを落としながら
快適な住空間を提供し続ける。
 
私たちが提供するSIMPLE NOTEは
一般的なデザイナーズ住宅が提供する”それ”とは一線を画す
 
“無くす”ことで最適な家事動線を
 
“無くす”ことで無駄な建築費用の掛からない家を
 
そして…
 
無くすことでしか得れないデザイン性を。
 
 
今までの当たり前を変えるその1つの考え方が、
次の常識の扉を開ける。
 
 
忘れよう。これまでの住宅を
1. デザイナーズ住宅は、金額が高く、住みにくいのはでないか?
 デザイナーズ住宅は一般的に住みにくいのではないか。金額が高いのではないか。これからデザイナーズ住宅で家を建てようと考える多くの方がそう考えるのではないだろうか? 確かにデザイナーズ住宅はそのデザイン性を担保するために不必要な空間を広く設けたり、構造に必要以上の負荷を掛けたりするものだ。 それにより無駄な面積が増え、動線が悪くなってしまったり、建築費用が余計に掛かったりする。では果たして50年以上住み続ける住まいを一瞬の要望であるデザイン性だけで折り合いを付けてしまって良いのだろうか?
 
 私たちが提供するSIMPLE NOTEはそれを否定する。 無駄な面積を”無くす”という選択肢。”加える”ではなくデザインを”削る”という選択肢。 その新しい選択肢がデザイナーズ住宅に最短の「家事動線」と「快適性」を数十年に渡って付与し続けるのだ。 SIMPLE NOTEはその”住みにくいデザイン”を”住みやすいデザイン”に変える。そしてその家づくりの考え方が生んだ空間が、この数十年の家族との時間に寄与し続けるのだ。
2. 接道側に窓がないと暗くなるのではないか?
 南側に大きな窓を設け、そこからたくさんの光をリビングに取り込みたい。誰しもがそんな明るい家にしたいという1つの願いがあるのではないだろうか? モデルハウスや展示場ではなく、道を歩いた時に並んでいる家をふと見ると、理想の住宅の生活とかけ離れていることにあなたは気づくはずだ。 そう。その家の窓には何故か光を閉ざす障壁。カーテンが付けられている。 ではなぜ、たくさんの光をリビングに取り込みたいと思っているのにも関わらずカーテンを付けてしまっているのだろうか?
 
 家は1つとして同じものはなし。窓1つ、ドア1つ、その土地・その風土を考慮して取り付けないといけないことは言うまでもない。しかし理想の家を考えるあまり、”日常の生活”に即した家を考えることを忘れてしまっていることが多い。SIMPLE NOTEは”理想”を追求した家ではない。SIMPLE NOTEはあくまで”日常”を追求し続けた家なのだ。
3. 良い土地にしか良い家は建たないのではないか?
 土地を買うとき、あなたは何を基準にして土地を選ぶだろうか? 日当たり・立地・土地の形状・周辺環境など、選択基準は様々ある。しかし、良い条件の土地は金額が高いことは言うまでもない。では金額の高い土地を購入したからといって、果たして必ずしも良い家が建つのだろうか?
 
 SIMPLE NOTEが導き出した答えはNOである。土地に適した家を建てなければ高い土地はただ高いというだけでタカラの持ち腐れになってしまう。 例えば一般的に良いと言われる南側の土地、相場は北側の土地よりも1割金額が高く設定されている。つまり北側が1000万の土地であるならば南側は1100万となるが、 この差100万円の価値が、家のつくり方だけで解決するとしたらどうだろうか? また、綺麗な正方形の土地ではなく、形が悪いと言われる三角形の土地であるならば、そのデメリットをメリットに変えることの出来る家づくりの考え方を知っていればどうだろうか? つまり、SIMPLE NOTEは通常の「土地」の考え方までも、家づくりの考え方で塗り替えたのだ。
4. 家も土地も大は小を兼ねるのではないか?
 家は大きい方が良い。部屋数はたくさんあった方が良い。土地も広い方が良い。 どこかの住宅会社や不動産会社の営業マンが言った言葉を鵜呑みにすればするほと、家や土地は無駄に大きくなり、大きくなった家や土地があなたの家族の生活を苦しめる。 例えばお金を掛け子供部屋を大きく作ったとしよう。そして数年後、子供が家を巣立ったとすればその大きく作った子供部屋の将来はどうなるのだろうか? 例えばお金を掛け寝室を大きく作ったとしよう。いざ生活してみれば一日の生活の中で寝るだけの部屋に果たしてそこまで大きさが必要だったのかと気づく。 また、外壁の塗り替えや光熱費だって、大きい家の方が当然コストは高くなる。 土地だってそう。その維持に必要な固定資産税や外構工事費用も安い金額ではないのだ。
 
 SIMPLE NOTEの”無駄をなくす”という考え方は、家そのものの無駄だけではない。 家族が10人いれば10通りの生活がある。だから将来的に必要になってくる大切なお金も考慮した”本質的な無駄”までも家づくりを通して解決していくのだ。
5. 収納はたくさん作った方が良いのではないか?
 収納をたくさん作る。当然たくさんの面積を収納に割けばたくさんの物をそこに置くことが可能だ。しかし、忘れてはいけないのが2点ある。 まず1つは多すぎる収納は管理が行き届きにくくなるということ。 例えばあなたが爪切りがないと言って爪切りを買ったとしよう。そしてそれをどこかの収納に入れたとする。数か月後、その爪切りがどこにいったのかを忘れてしまう。そしてまた爪切りを購入する。当然この事象に当てはまるのは爪切りだけではないが、多くのモノが溢れる現代では作りすぎた多くの収納は、多くの不要なモノを生み出すのだ。 そしてもう1点は、その収納1つにも当然コストが掛かってくるということ。 1㎡の面積にもその下には床があり基礎があり、上に行けば天井があり屋根がある。つまり収納はただ大きくすれば良いというものでも、たくさん作れば良いというものでもない。
 
 SIMPLE NOTEは収納の考え方も明確にルールを設けている。SIMPLE NOTEの平面図を上から見ると驚く方も多いが、収納の面積を減らしながら収納力を上げる方法が実は考え方の中には隠されているのだ。
SIMPLE NOTE
 
それは
 
“無くす”ことで得た住宅の新しい価値。
もっと詳しく見たい方は、SIMPLE NOTE本部サイトへ